加世田梨花(ダイハツ/女子駅伝)身長体重/経歴は?家族についても調査

加世田梨花(ダイハツ)の身長体重/プロフィールは?

加世田梨花(ダイハツ)の身長体重は?

加世田梨花さんの身長や体重気になりますよね。

 

加世田梨花さんの身長や体重は…。

身長:147cm
体重:39kgくらい??

加世田梨花さんは見た感じも小柄な選手だとわかります。

 

他の選手と比べてみてもよくわかります。中央が加世田梨花さん↓。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆうちゃん(@yuchan0925)がシェアした投稿

身長が147㎝は、選手の中でも小柄な方です。

 

体重は、はっきりとは公表していないようですが、40㎏あるかないかということらしいようなので、おそらく39㎏と推測しました。

加世田梨花(ダイハツ)のプロフィールは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@usaginohana_)がシェアした投稿

名前:加世田梨花(かせだ りか)
生年月日 :1999年3月2日
年齢:23歳(2022年3月現在)
出身地 千葉県
出身高校:成田高校
大学:名城大学

加世田梨花(ダイハツ)の経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#Otokodaro(@run8run8run9)がシェアした投稿

加世田梨花さんは千葉に生まれ。

 

小学校については詳細は不明。中学校は和洋国府台女子中学校に進学されます。

 

和洋国府台女子中学校は中高一貫校なのですが、高校は陸上の強豪、成田高等学校へ進学されます。

 

ちなみに成田高校は元マラソン選手の増田明美さんの母校です。

 

そんな増田明美さんは、後輩にあたる加世田梨花さんについては先輩としても気にかけているようですね。

 

加世田梨花さんのことを「小さな猪」なんて愛称で呼びながら応援しているようです。

 

猪・・(笑)・・・面白いですね。猪突猛進。

加世田梨花の高校(成田高校)

 

そうして成田高校へ進学した加世田梨花さんは高校1年生の間は目立った経歴はありませんでした。

 

しかし高校2年生の終わり頃より徐々に実力を発揮していきます。

 

高校2年生の2016年1月 全国女子駅伝で千葉県代表として2区を担当して区間賞を獲得。 千葉県では全体で5位に貢献します。

 

3月アジアクロスカントリー選手権ジュニア6.45kmでは 4位。日本団体銀メダルを獲得。

高校3年生

岡山インターハイ2016 3000m 8位

世界ジュニア選手権5000mでは8位。

第71回国民体育大会(岩手) 少年A3000m 3位。

 

全国高校駅伝では1区担当。区間5位。 成田高校5位。


全国女子駅伝では1区。区間4位。千葉県3位。

 

クロスカントリー日本選手権 ジュニア6km 4位。・

 

高校時代からすでにジュニアクラスで圧倒的な強さを誇ります。

 

そして加世田梨花さんは名城大学に進学。さらなる輝かしい成績を残していきます。

加世田梨花の大学(名城大学)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちはる(@kabi_kabirnnn)がシェアした投稿

大学1年生

世界クロスカントリー選手権 ジュニア6km 22位 日本団体で4位。

日本学生個人 5000m 優勝。

 

日本インカレ 5000m 2位

 

全日本大学女子駅伝 5区 区間2位 名城大学優勝

セブンヒルズロードレース(オランダ) 15㎞ 7位。

 

大学女子選抜(富士山女子)駅伝 5区 区間3位 名城大学3位

 

2018年 全国女子駅伝 1区 6位 千葉県12位

 

クロスカントリー日本選手権 シニア8km 5位

アジアクロスカントリー選手権 シニア8km 9位。

世界大学クロスカントリー選手権 9km 銀メダル。 団体金メダル。

 

大学2年生

9月の日本インカレ 10000mではみごと1位。

全日本大学女子駅伝 5区 区間2位 名城大学優勝。

 

セブンヒルズロードレース(オランダ) 15㎞

2度目の挑戦でしたが・・昨年と同様の7位でした。

 

大学女子選抜(富士山女子)駅伝 5区 区間賞 名城大学大会記録。

2019年 クロスカントリー日本選手権 シニア8km 7位。

大学3年生

第103回日本選手権(福岡) 5000m 11位。

日本インカレ 10000m 3位。

第30回夏季ユニバーシアード・ナポリ大会 ハーフマラソン 銀メダル 団体金メダル。

 

全日本大学女子駅伝 5区 区間賞 名城大学優勝。

大学女子選抜(富士山女子)駅伝 5区 区間賞 名城大学優勝。

2020年 全国女子駅伝 1区 区間11位 千葉県12位。

クロスカントリー日本選手権 シニア8km 7位。 名城大学団体優勝

 

大学4年生

9月の日本インカレ 10000mではみごと1位。

 

10月全日本大学女子駅伝では5区を担当。見事区間新記録を樹立。

 


そして2020年12月最後の駅伝、富士山女子駅伝5区を担当します。


力いっぱい大学最後の駅伝を楽しんでくださいね。

加世田梨花の実業団(ダイハツ)

 

2021年4月から実業団ダイハツに就職されました。

 


2021年6月 日本選手権女子5000m 9位


2021年10月 プリンセス駅伝にエントリー。

 

14位でタスキを受け取り7位まで順位を上げます。記録は34分59秒。

 

2021年 富士山女子駅伝レジェントとして番組に出演。

 

2022年1月 全国女子駅伝で千葉代表

9区アンカー担当されます。記録は16位。記録は32分55秒でした。

 

2022年3月 東京マラソン一般(エリート)参加。


結果、総合11位(日本人4位)。


記録2時間28分29秒。もう少しのところでMGC獲得ならず。

初マラソンですが大奮闘でしたね。

次に期待です。

加世田梨花(ダイハツ)の家族は?

この投稿をInstagramで見る

 

加世田雅之(@kasedamasayuki)がシェアした投稿

加世田梨花さんの家族について調べてみました。

 

家族構成はお父さん、お母さん、お兄さん、そして加世田梨花さんの4人ですね。

 

加世田梨花さんは現在愛知県に下宿していますので、年末年始等に帰省されるようですね。

 

さて・・お父さん、お母さんについては残念ながら公表されていません。

 

しかしお兄さんについては、加世田雅之さん。陸上選手です。

とっても仲の良い兄妹のようですね。

 

加世田孝之さんは立教大学陸上部に所属していました。箱根駅伝の予選会にも出場された経験もあるようです。

 

現在はGRlab関東に所属。社会人ランナーとして2年目です。

加世田梨花(ダイハツ)身長/体重/プロフ経歴/家族まとめ

加世田梨花さんは実業団ダイハツの選手です。

 

昨年まで名城大学の富士山女子駅伝や全日本大学女子駅伝の優勝に貢献してきました。

 

小柄な加世田梨花さんはとってもパワフルなスピード選手。

 

高校時代から始まり、現在名城大学においても数々の輝かしい実績、記録を残し、現在ダイハツの実業団でさらに成長しようとしています。

 

加世田梨花さんのさらなる活躍を期待し、今後も応援していきたいと思います。