萱和磨(かやかずま/体操)経歴や家族(父/母/弟)は?彼女についても調査

萱和磨(かやかずま/体操)のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

萱 和磨 Kazuma Kayaさん(@kazuma_kaya)がシェアした投稿

名前:萱和磨(かやかずま)
生年月日:1996年11月19日
年齢:24歳(2021年11月13日現在)
出身地:千葉県船橋
身長:163cm
体重:52kg
得意種目:あん馬、平行棒
所属:セントラルスポーツ
出展:Wikipedia

 

萱和磨(かやかずま/体操)の経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

萱 和磨 Kazuma Kayaさん(@kazuma_kaya)がシェアした投稿


小学校2年生の時に家の近所の体操クラブに通い始めた萱和磨(かやかずま)さん。

 

きっかけはアテネ五輪で金メダルを取った冨田洋之選手に憧れて体操を始めたようです。

 

小学校6年生の途中から習志野ジュニアに移ります。ここでは、すでに将来の五輪出場も念頭に置いての本格的な練習を始めたようです。

 

萱和磨(かやかずま)さんはその後千葉県の幕張西中学校に進学。中学では全国大会7位に入賞。徐々に力を付け始めていきます。

 

高校は千葉県の習志野高等学校に進学。

 

2013年の国際ジュニア体操競技大会で、個人総合優勝。男子種目別ではあん馬と鉄棒で金メダルを獲得しています。

この辺りで今までコツコツと積み上げていた努力が大きく実を結び始めます。

 

2014年3月に行われた全国高校体操選抜大会では全種目ノーミスで個人総合初優勝という快挙を達成します。まさにミライモンスターですよね。

高校卒業後は順天堂大学に進学。

 

2015年の体操世界選手権で自身の一番得意とするあん馬で個人銅メダルを獲得します。団体では金メダルを獲得されます。

2019年4月より順天堂大学の大学院(修士課程)に進学。体操クラブのセントラルスポーツにはそのまま籍を残しながらの進学で、2足のわらじで東京五輪を目指すことになります。

 

2019年4月29日第73回全日本体操競技個人総合選手権大会に出場。2位の成績!

そして世界選手権の日本代表選考会を兼ねた個人総合の全日本選手権NHK杯に3位に入賞して、世界選手権代表入り決定。

2019年7月ナポリで開催されたユニバーシアードにて団体総合で谷川翔さん谷川航さんと共に3連覇!

そして個人総合優勝


東京五輪の目標も近づいてきました。

 

2019年10月・・世界体操2019

10月7日ドイツのシュツットガルトで行われた男子予選。

 

団体総合6種目総合で3位となり、10月9日の決勝に進出することが決まります。

 

そして10月9日決勝戦。萱和磨さんら日本代表は3位という成績で銅メダルを獲得しました。

 

2020年12月13日、体操全日本選手権に出場。

予選

決勝

男子個人総合は、萱和磨(セントラルスポーツ)が初優勝を果たします。


次なる目標は五輪で金メダルを取ること。

 

自他共に認める「失敗しない男」の次なる舞台でどんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。

 

2021年3月に順天堂大学大学院修士修了。

2021年4月・・順天堂大学大学院博士後期課程に入学!

 

そして連覇のかかる全日本選手権NHK杯が4月15日より始まります。

 

得意のあん馬は安定感抜群!

予選3位そして決勝でも奮闘するも結果は同じ3位。

 

いよいよ東京五輪内定者が決まる5月16日の全日本選手権NHK杯。ここで2位までに入れるかどうか~東京五輪代表をかけて正念場を迎えます。

 

とにかく練習練習、1000に一度のミスも出さないように・・。


萱和磨さんはとにかくミスを絶対出さないようにストイック精神で乗り切ります。

そしてその結果、総合2位‼。

 

その結果見事、東京五輪内定を手にしました。

今回の試合は、最後の鉄棒の競技まで正直わからなかった凄い試合でした。少しのミスですべてを失います。だからこそ練習の時からミスを出さないように練習しています。

 

本当に失敗しない男‼かっこいいです。

東京オリンピックに出場

7月23日東京オリンピック開幕

7月24日の団体予選から始まります。

 

日本は団体予選1位通過です。

チームは日本1位。そしてあん馬7位という結果に終わりました。

7月26日に団体戦決勝・・。


団体では2位銀メダル獲得します

8月1日に種目別男子あん馬・・。

その結果は・・記録は14.900


見事3位銅メダル獲得です

 

インタビューでは「ここで満足したくないです。今すぐにでも練習したいです」と話されていました。

もうすでに3年後のパリオリンピックの金メダルに気持ちが向いているようですね。すごいです。

世界新体操2021に出場

2021年10月20日世界体操2021出場。

まずは種目別予選。

つり輪 15位

平行棒 8位

鉄棒 13位

ゆか 7位

あん馬 7位

決勝は、あん馬とゆか。

 

10月23日 種目別あん馬決勝

なんと7位から2位!みごと銀メダル獲得。

 

なおこの日、種目別ゆか決勝は6位。


このガッツポーズカッコいい!

10月24日 種目別平行棒決勝も結果6位でした。

 

ゆか  決勝進出 6位
あん馬 決勝進出 2位 銀メダル
つり輪 予選敗退 15位
平行棒 決勝進出 6位
鉄棒  予選敗退 13位

 

萱和磨(かやかずま/体操)のテレビ出演

萱和磨さんもテレビにも出演しています。少し紹介したいと思います。

炎の体育会TV(2021/11/13)

萱和磨さんバラェテイ番組に登場です。

 

自身のツイッターでもお知らせ‼

 

『炎の体育会TV』のコーナーで体験ゲームに挑戦。

このゲームはTBSとバンダイナムコアミューズメントが最新体感ゲームを共同開発されたもの。今回はそのゲームの挑戦者として東京五輪体操男子団体チームが挑戦されます。

 

萱和磨(かやかずま/体操)の家族は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

萱 和磨 Kazuma Kayaさん(@kazuma_kaya)がシェアした投稿


萱和磨(かやかずま)の家族について調べてみました。

家族構成はご両親と4人の弟さんの7人家族です。

萱和磨の父

家族のこともSNS等で話をしている萱和磨(かやかずま)さんですが、お父さんのことは何も情報がありませんでした。

2013年に芦田(あしだ)から萱(かや)という苗字に変わったようですね。親の都合とさりげなく公表されていますが、この辺りがお父さんの情報がみつけられない理由と関係あるのかもしれませんが、詳しいことはわかりません。

 

萱和磨の母

 

この投稿をInstagramで見る

 

萱 和磨 Kazuma Kayaさん(@kazuma_kaya)がシェアした投稿


萱和磨(かやかずま)さんのSNSには時々、お母さんのことも発信されています。

 

名前は萱恵子(かやけいこ)さん。とてもきれいなお母さんです。

 

2019年10月7日の世界体操2019の予選でドイツまで応援に行かれます。

萱和磨の弟

萱和磨(かやかずま)さんの弟の1人に萱翔悟(かやしょうご)さんがいます。

 

萱翔悟(かやしょうご)さんはブルーベアハウスに所属する現在20歳の俳優さんです。

萱和磨(かやかずま/体操)の彼女は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

萱 和磨 Kazuma Kayaさん(@kazuma_kaya)がシェアした投稿


萱和磨(かやかずま)さんの彼女について調べてみました。

 

SNSでは彼女らしき方の存在は発信されていません。

 

他にインタビュー記事等それらしき情報を集めてみましたが、なかなかそれらしき情報は見つかりませんでした。

 

ほとんどが体操の話ばかりですね。

 

今は東京五輪に向けて大変な時期なので当然と言えば当然ですが・・・。

萱和磨(かやかずま/体操)経歴や家族(父/母/弟)彼女まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

萱 和磨 Kazuma Kaya(@kazuma_kaya)がシェアした投稿

体操選手の萱和磨(かやかずま)さんは

2019年7月28日『ミライモンスター(フジテレビ系)』に登場し、体操界の金のタマゴ・ミライモンスターと紹介されました。

 

その後『世界体操2019』に参加され団体3位銅メダルを獲得し、2020年12月『全日本選手権』で男子個人総合で初優勝達成しました。

 

過去に萱和磨(かやかずま)さんはリオデジャネイロ五輪の代表選考には残念ながら落選しましたが、東京五輪の代表には2021年5月NHK杯体操で総合2位となり、見事東京五輪日本代表内定を手にします。ようやく手にした代表内定。

 

東京オリンピック本番では、団体で見事2位銀メダルを獲得。個人では得意のあん馬で見事3位銅メダルを獲得しました。東京オリンピックも大活躍でしたね。

 

それでも満足せず、すでに2024年のパリオリンピックに気持ちも向いている萱和磨(かやかずま)さん。

ますます今後の活躍が期待される楽しみな選手です。